天気予報を見る
 
新聞購読申込

秋田・男鹿で伝統行事なまはげ/「言うこと聞いてるか」

2016/12/31 18:39

 なまはげに抱かれて泣く子ども=31日夜、秋田県男鹿市
 なまはげに抱かれて泣く子ども=31日夜、秋田県男鹿市

 秋田県男鹿市で31日夜、大みそかの伝統行事「なまはげ」があり、鬼のような面をつけた男たちが「ウォー、ウォー」と雄たけびを上げながら、辺りが暗くなった家々を巡り歩いた。

 午後5時すぎ、なまはげに扮した男性3人が同市北浦安全寺の安田忠光さん(63)方を訪れた。なまはげが「お母さんの言うこと聞いているかー。山から見ているぞー」と脅すと、孫の悠希ちゃん(4)は母親にしがみついて「お利口さんにします」と涙声で応じた。

 なまはげは災いをはらって祝福を与える神の使いとされ、家の主人は料理や酒でもてなすのが習わし。国の重要無形民俗文化財に指定されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.