天気予報を見る
 
新聞購読申込

絶滅危惧種の子トラ溺死/横浜・ズーラシア、一般公開前に

2016/12/30 16:45

 溺死した「よこはま動物園ズーラシア」のスマトラトラの赤ちゃん
 溺死した「よこはま動物園ズーラシア」のスマトラトラの赤ちゃん

 よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)は30日、飼育していた絶滅危惧種のスマトラトラの赤ちゃん(生後3カ月)が、展示場内の堀に転落して溺死したと明らかにした。

 園によると29日、来年1月14日の一般公開に向け、赤ちゃんトラを初めて展示場に移した直後、水の張られた堀に落ちた。堀には転落防止の電気柵を設けていたが、すり抜けた。

 同園では9月27日、この赤ちゃんトラを含む3頭が生まれ、1月14日に名前を募集する予定だった。渡辺武志副園長は「同じことが二度とないようにしたい」としている。他の2頭の公開日程は未定という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.