天気予報を見る
 
新聞購読申込

奄美群島国立公園を答申/中央環境審、来春指定へ

2016/12/26 19:15

 「奄美群島国立公園」の海域にある世界北限のサンゴ礁(環境省提供)
 「奄美群島国立公園」の海域にある世界北限のサンゴ礁(環境省提供)

 中央環境審議会は26日、鹿児島県の奄美大島や徳之島などを「奄美群島国立公園」とすることを了承し、山本公一環境相に答申した。指定に向けた手続きが完了し、来春に官報で告示され、全国34番目の国立公園が誕生する。

 2018年の世界自然遺産登録を目指す「奄美・琉球」の鹿児島県側の区域を含んでおり、既に国立公園化した沖縄県側とともに、推薦に必要とされる厳格な自然保護体制が整った。政府は、来年2月1日までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出する方針。

 奄美群島国立公園は、奄美市など12市町村の陸域4万2千ヘクタール、海域3万3千ヘクタール。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.