天気予報を見る
 
新聞購読申込

13日ぶり救助の島根県部長会見/「生きて家族に会いたい」

2016/12/26 17:19

 奈良県の弥山で遭難したときの様子について話す、島根県土木部の冨樫篤英部長=26日午後、島根県庁
 奈良県の弥山で遭難したときの様子について話す、島根県土木部の冨樫篤英部長=26日午後、島根県庁

 奈良県南部にある大峰山系の弥山(1895メートル)で登山中に行方不明となり、13日ぶりに救助された島根県土木部の冨樫篤英部長(53)が26日、約2カ月半ぶりに県庁に出勤、記者会見で「絶対に生きて、また家族に会いたいという強い思いがあった」と当時の心境を語った。

 会見の冒頭、冨樫部長は「軽率な行動で事故を起こし、不在の期間を生じさせてしまった。空白期間を取り戻すべく仕事にまい進していきたい」と陳謝した。

 冨樫部長によると、10月8日に1人で入山し、山頂付近の山小屋に宿泊。翌9日朝、下山中に崖から滑落し、あばら骨や腰の骨を折った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.