天気予報を見る
 
新聞購読申込

茨城の圏央道、2月26日開通/観光アクセス、物流向上へ

2016/12/20 11:54

 石井啓一国土交通相は20日の記者会見で、圏央道の境古河インターチェンジ(IC)―つくば中央IC(28・5キロ)が来年2月26日に開通すると発表した。圏央道の茨城県内区間が全線開通することになり、成田空港付近から、渋滞が激しい都心部を経由せずに東北道や関越道、中央道に行けるようになる。

 世界遺産の日光東照宮(栃木県)や富岡製糸場(群馬県)など観光地へのアクセス向上や、物流の効率化が期待できる。

 圏央道は、都心から半径40〜60キロ圏を走る総延長約300キロの環状道路。今回の開通で全体の約9割が完成する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.