天気予報を見る
 
新聞購読申込

司法修習生に一律月13万円/11年廃止の「給費制」復活

2016/12/19 22:19

 法務省は19日、司法試験に合格した司法修習生に2017年度から毎月一律13万5千円を給付する新制度を導入すると明らかにした。財政難のため11年に廃止された「給費制」が事実上復活する。希望者に月18万〜28万円を貸与する現行制度は経済的負担が大きく、法曹志望者減少の一因になっていると指摘されている。

 法務省によると、住居費がかかる場合はさらに月3万5千円を給付し、総額は年間約30億円となる見通し。貸与制は額を見直した上で維持する。政府は、給付制度を新設する裁判所法改正案を次期通常国会に提出する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.