天気予報を見る
 
新聞購読申込

見送り客も空港保安区域に/政府、規制緩和の検討着手

2016/12/19 18:52

 政府は19日、仙台空港など民営化された公設空港の国内線ターミナルで、保安検査場を通過した先の搭乗待合室などの保安区域に、見送りに来た家族やツアーガイドも入れるよう規制を緩和する検討に入った。行動範囲を広げることで利便性を高め、空港利用者の増加を後押しする。

 19日の未来投資会議で、宮城県が要望した。安倍首相は会議で「安全性が確保できればセキュリティーゾーン(保安区域)まで見送り客が入り、買い物ができるようになる」と語った。

 仙台空港の運営を担う企業が今後、国交省や空港の関係機関と調整する。早ければ17年にも「空港保安管理規定」に新たなルールを盛り込む。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.