天気予報を見る
 
新聞購読申込

ヘリ、ドローンの情報共有実験/衝突回避でANAと東大

2016/12/19 17:15

 位置情報を共有する飛行実験に参加した熊本県の防災ヘリコプターと、東大のドローン=19日午後、熊本県天草市
 位置情報を共有する飛行実験に参加した熊本県の防災ヘリコプターと、東大のドローン=19日午後、熊本県天草市

 ANAグループと東大、熊本県天草市は19日、同市の消防署で防災ヘリコプターとドローン2機の間で位置情報を共有する飛行実験を行い、報道陣に公開した。ドローンが将来的に広く普及するのを見据え、有人機とドローンの衝突を回避し、安全性を高めるのが目的。東大によると国内で初めての試み。

 ANAグループは、ドローンの活用による新たな商機拡大を狙っており、今回はANA総合研究所が実験に参加した。

 実験は崖から人が転落したとの想定で、地元消防が捜索のため熊本県に防災ヘリの出動を要請。ヘリが到着するまではドローンが遭難者を捜索した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.