天気予報を見る
 
新聞購読申込

サル顔の巨石、話題に/相模原市・道志川

2016/12/16 16:02

 相模原市緑区の道志川で見つかったサルの顔に似た巨石=15日
 相模原市緑区の道志川で見つかったサルの顔に似た巨石=15日

 山梨県境に近い相模原市緑区の道志川でサルの顔に似た巨石が見つかり、地元で話題になっている。申年の2016年も残りわずか。15日も清流の真ん中で日に照らされ、行く年を名残惜しむかのような大きなサルの顔が浮かび上がった。

 巨石は宿泊施設や温泉を備えた相模原市緑区青根の「青根緑の休暇村センター」の近くにあり、高さ約3メートル、幅約4メートルのおむすび形。対岸のキャンプ場へと架かる小さな橋から眺めると、サルが斜め上を向いて目を閉じているように見える。午後になって日が差すと、最もサルに似て見える。

 神奈川県海老名市のカメラマンが数カ月前に撮影し、写真を休暇村に届けた。休暇村の運営法人の代表理事天野真一さん(68)は「写真を見て初めてサルの顔に見えた。それまで全く気づかなかった」と話す。「名前を付けてホームページに載せたい」と観光名所にしたい考えだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.