天気予報を見る
 
新聞購読申込

乾隆帝の印章25億円で落札/パリ、事前予想の20倍

2016/12/15 06:03

 パリで14日に競売にかけられた乾隆帝の玉璽(競売会社ドルーオ提供・共同)
 パリで14日に競売にかけられた乾隆帝の玉璽(競売会社ドルーオ提供・共同)

 【パリ共同】清の皇帝、乾隆帝(1711〜99年)の玉璽(印章)が14日、パリの競売大手ドルーオで競売にかけられ、事前予想価格の約20倍の2100万ユーロ(約25億7千万円)で落札された。フランスのメディアが伝えた。

 赤みがかった「ステアタイト」と呼ばれる石に9匹の竜などの細密な装飾がある。落札者は「中国の収集家」とされるが、詳細は明かされていない。

 服飾デザイナー、故イブ・サンローラン氏のパートナーだった富豪ピエール・ベルジュ氏が売りに出した。落札価格は100万ユーロ前後と予想されていたが、電話参加を含む複数の買い手の間で値段がつり上がった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.