天気予報を見る
 
新聞購読申込

兵庫・赤穂で恒例の義士祭/討ち入りの四十七士に拍手

2016/12/14 20:40

 赤穂義士祭で練り歩く、大石内蔵助役の中村梅雀さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市
 赤穂義士祭で練り歩く、大石内蔵助役の中村梅雀さん(中央)=14日午後、兵庫県赤穂市

 「忠臣蔵」の芝居で知られる吉良上野介邸討ち入りの日に当たる14日、兵庫県赤穂市で恒例の「赤穂義士祭」が開かれた。大石内蔵助役は俳優中村梅雀さん。討ち入り装束に身を包んだ四十七士が行進、沿道の観客が拍手や声援を送った。

 吉良邸から引き揚げる場面を再現した行列は午後1時半ごろ赤穂城跡を出発。中村さんが陣太鼓を打ち鳴らし、最後は全員で「エイエイオー」と勝ちどきをあげた。

 一般公募で行列に参加した岡山市の清水智彦さん(45)はテレビドラマで忠臣蔵のファンに。「あだ討ちを遂げた姿が胸に染みる。忠臣蔵がさらに好きになった」と満足そう。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.