天気予報を見る
 
新聞購読申込

国家公務員にボーナス支給/昨冬より1万1500円増

2016/12/09 11:34

 国家公務員に9日、冬のボーナス(期末・勤勉手当)が支給された。管理職を除く一般行政職(平均36・3歳)の平均支給額は70万4800円。昨冬より1万1500円増えた。4年連続のプラスで、冬のボーナスとしては07年(69万6300円)以来の高水準。

 増額は、民間の賃金アップを受けた人事院勧告に基づいて給与法が改正され、支給月数が昨冬より0・05カ月多い2・245カ月となったためだ。

 特別職のボーナスは、安倍晋三首相が598万円、閣僚は436万円。ただ、首相は30%、閣僚は20%の自主返納を申し合わせており、返納後は首相が418万円、閣僚は349万円となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.