天気予報を見る
 
新聞購読申込

4人に1人がハラスメント被害/加害側は無意識か

2016/12/08 12:25

 4人に1人が何らかのハラスメントを受けたことがある―。保険コンサルタント会社が20歳〜60歳の男女各400人に調査した結果、被害経験があると回答した人は213人(26・6%)に上ることが分かった。一方、加害の経験は「ある」8・0%、「分からない」44・9%で、調査担当者は「無意識に、人に不快な思いをさせている可能性が高い」とみている。

 調査は「アイリックコーポレーション」が10月、インターネットで実施。被害の種類は、男女ともパワハラが最多だった。女性はセクハラ、言葉や態度で心を傷つける「モラハラ」、家事労働を不当に過小評価する「カジハラ」と続いた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.