天気予報を見る
 
新聞購読申込

上野駅に豪華寝台専用ホーム新設/通称「13・5番線」

2016/12/06 18:15

 豪華寝台列車「トランスイート四季島」が発着する上野駅の専用ホームのイメージ(JR東日本提供)
 豪華寝台列車「トランスイート四季島」が発着する上野駅の専用ホームのイメージ(JR東日本提供)

 JR東日本は6日、来年5月に運行を始める豪華寝台列車「トランスイート四季島」が発着する上野駅(東京都台東区)に、専用のホームを設置すると発表した。

 四季島は、「北斗星」(上野―札幌)や「あけぼの」(上野―青森)など北海道、東北方面に向かう列車が多く発着してきた上野駅13番線に停車する。専用ホームは隣の14番線との間にある空間に新設、通称は「新たな旅立ちの13・5番線ホーム」。幅は最大約3・2メートルで、柱や天井部は黒くデザインし、車両と同様に落ち着いた雰囲気にした。

 冨田哲郎社長は「これまでの鉄道の旅と違う新しい空間を提供する場所にしたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.