天気予報を見る
 
新聞購読申込

道後温泉で恒例のすす払い/国内最古の湯の一つ

2016/12/06 10:50

 道後温泉本館で行われた年末恒例の「すす払い」=6日午前、松山市
 道後温泉本館で行われた年末恒例の「すす払い」=6日午前、松山市

 夏目漱石の小説「坊っちゃん」の舞台ともなった国指定重要文化財の道後温泉本館(松山市)で6日、新春を前に、1年間の汚れを落とす年末恒例の「すす払い」が行われた。

 道後温泉は日本書紀にも登場し、国内最古の湯の一つとされる。

 この日は年に一度の休館日で、ボランティアら約80人が参加。竹の先端にササを取り付けた約6メートルと約2メートルのほうき8本を力強く振るい、「道後温泉」と書かれた看板や屋根のほこりを払った。館内でも、個室や休憩室の畳145枚を運び出し、はたきや雑巾で天井や床の隅々まで清掃した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.