天気予報を見る
 
新聞購読申込

JR九州、制服を全面刷新/発足30周年の来春に

2016/12/05 18:53

 JR九州が発表した運転士や駅員などの新しい制服=5日午後、JR博多駅
 JR九州が発表した運転士や駅員などの新しい制服=5日午後、JR博多駅

 JR九州は5日、国鉄分割民営化で発足してから来年4月に30周年を迎えるのを機に、運転士や駅員などの制服を一新すると発表した。全面的な刷新は初めて。人気の豪華寝台列車「ななつ星in九州」のデザインを手掛けた水戸岡鋭治さんが監修し、落ち着きがありながら品格のある制服に仕上げた。利用者からのイメージ向上につなげ、ブランド力強化を狙う。

 鉄道会社の制服としては珍しい黒色を基調とし、右胸には九州新幹線の車体などで使われてきたツバメの金色のエンブレムを共通して採用。水戸岡さんは「働きやすくて美しい機能美、時代を超えて飽きない普遍性を持つようにした」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.