天気予報を見る
 
新聞購読申込

フリーゲージトレイン、検証走行/来年3月まで摩耗対策確認

2016/12/03 23:52

 鉄道建設・運輸施設整備支援機構は3日深夜、九州新幹線長崎ルート(博多―長崎)に導入予定のフリーゲージトレイン(軌間可変電車=FGT)の検証走行試験を九州新幹線上で始め、熊本県八代市の新八代駅で報道向けに公開した。

 検証走行試験は、実用化に向けて来年6月ごろの再開を目指している耐久走行試験の前提。来年3月までレール幅の異なる九州新幹線熊本―鹿児島中央と在来線の熊本―八代で約1万キロを走らせ、車軸が摩耗しないよう改良した部品の効果を確認する。

 FGTは軌間変換をしながら計60万キロを走らせる耐久走行試験が2014年に始まったが、車軸付近にひびが見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.