天気予報を見る
 
新聞購読申込

「菓子でおもてなし」条例可決/三重・名張市が制定

2016/12/02 11:47

 条例が可決され、菓子産業の振興と市のPRをする三重県名張市の女性市議=2日午前、三重県名張市
 条例が可決され、菓子産業の振興と市のPRをする三重県名張市の女性市議=2日午前、三重県名張市

 三重県名張市議会は2日、菓子産業の振興と市のPRを目指す「『食べてだあこ』名張のお菓子でおもてなし条例」を可決した。市によると、同様の条例の制定は全国で珍しいという。同日から施行する。

 「食べてだあこ」とは地元の方言で「食べてください」の意味。条例は名張市を「古くは関西と伊勢神宮を結ぶ宿場町として栄え、お茶やお菓子でもてなしてきた」と紹介。菓子を通じて産業や観光を盛り上げることを目的とし、市は名産のせんべい「かたやき」や「丁稚ようかん」といった菓子の魅力を広めるため施策を講じるとしている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.