天気予報を見る
 
新聞購読申込

愛知と福島でロボ国際大会を開催/ものづくりや災害、生活で検証

2016/12/02 11:36

 世耕弘成経済産業相は2日の閣議後の記者会見で、2020年に「ワールド ロボット サミット」(ロボット国際大会)を愛知県と福島県を会場に開催すると発表した。競技種目はものづくり、サービス、インフラ・災害対応の3分野計6種目で、ジュニア競技も実施。

 世耕氏は「ロボットが未来の社会でどう活躍し、生活をどのように変えていくのか検証したい」と述べた。

 開催地は「愛知県空港島大規模展示場」(愛知県常滑市)を主会場に、災害対応の一部の分野は「福島ロボットテストフィールド」(南相馬市)で実施する。10〜20カ国の大学、研究機関、企業などのチームの参加を見込んでいる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.