天気予報を見る
 
新聞購読申込

北海道浦臼エゾエンゴサク見ごろ/北国に春、リスも喜ぶ

2015/04/22 16:42

 見ごろを迎えたエゾエンゴサクの花の上で木の実を食べるエゾリス=22日午前、北海道浦臼町
 見ごろを迎えたエゾエンゴサクの花の上で木の実を食べるエゾリス=22日午前、北海道浦臼町

 北海道浦臼町の浦臼神社で、北国に春の訪れを告げるエゾエンゴサクが見ごろを迎えている。晴天に恵まれた22日早朝、木の実を探すエゾリスが、淡い青の小花のじゅうたんを駆け回り、写真愛好家ら約30人が境内に広がる静かな森でシャッターを切った。

 エゾエンゴサクは北海道や東北の湿った森林で見られる多年草。同町によると、ことしは4月上旬の暖気の影響で雪解けが進み、例年より開花が約2週間早まった。同じ群生地で薄紫色のカタクリも咲き始め、4月末まで楽しめるという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.