天気予報を見る
 
新聞購読申込

山手線の次世代通勤電車が完成/今年秋投入の新型E235系

2015/03/28 11:51

 公開されたJR山手線の新型車両E235系(中央)=28日午前、東京都品川区
 公開されたJR山手線の新型車両E235系(中央)=28日午前、東京都品川区

 東京都心部を走るJR山手線に今年秋から投入される新型車両E235系の量産先行車が完成した。山手線の新型車両は13年ぶり。外観を一新、車内からは紙の中づり広告が姿を消した。車いすやベビーカー用のスペースが増設され、線路状態を常時監視する装置も搭載されるなど、JR東日本が快適さや安全性を追求した「次世代通勤電車」となった。

 JR東は28日、量産先行車1編成(11両)を、東京都品川区の東京総合車両センターで報道各社に公開した。

 E235系はドアをうぐいす色にして、見えやすくした。中づり広告が姿を消す代わりに設置された液晶画面は、1両に最大36基ある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.