天気予報を見る
 
新聞購読申込

江戸期の堰、アフガン大臣も注目/農村復興で福岡視察

2015/03/27 12:26

 ペシャワール会の中村哲・現地代表(右)と「山田堰」を視察する、アフガニスタンのナシール・アフマド・ドゥラニ農村復興開発大臣=27日午前、福岡県朝倉市
 ペシャワール会の中村哲・現地代表(右)と「山田堰」を視察する、アフガニスタンのナシール・アフマド・ドゥラニ農村復興開発大臣=27日午前、福岡県朝倉市

 アフガニスタンのナシール・アフマド・ドゥラニ農村復興開発大臣が来日し、27日、福岡県朝倉市の筑後川で江戸時代から使われている農業用取水口「山田堰」を視察した。福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」がアフガン東部に建設した取水口のモデルとなった堰で、「農業振興策の参考になれば」と大臣が視察を望んでいた。

 ドゥラニ大臣は、ペシャワール会の中村哲・現地代表の案内で山田堰周辺を歩き「30年間の戦乱でインフラが破壊され、干ばつも続いており水管理は重要課題。筑後川は地形が似ており、十分現地に適用できる」と感心していた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.