天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島県双葉町の小学校で卒業式/原発事故後初

2015/03/23 09:37

 双葉北小の卒業式で、別れの言葉を述べる野村遥花さん(左)=23日午前、福島県いわき市
 双葉北小の卒業式で、別れの言葉を述べる野村遥花さん(左)=23日午前、福島県いわき市

 川内小の卒業式で、別れの言葉を述べる秋元千果さん=23日午前、福島県川内村
 川内小の卒業式で、別れの言葉を述べる秋元千果さん=23日午前、福島県川内村

 福島県内の公立小学校で23日、一斉に卒業式が開かれた。東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町の町立双葉北小は、昨年4月に同県いわき市で再開し、2人の6年生が原発事故後、初めての卒業生となる。

 町には北小と南小の2校があり、原発事故で両校とも3年間休業。昨年4月からいわき市の仮設校舎で一緒に授業を始めたが、児童は南小の1年生3人、北小の5年生1人と6年生2人の計6人のみ。双葉町の多くの子どもたちは避難先で別の学校に通う。

 事故で一時全村避難し、2012年1月に「帰村宣言」した福島県川内村の村立川内小でも、唯一の6年秋元千果さん(12)が卒業。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.