天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮城・石巻の被災小学校で閉校式/児童減で統合

2015/03/22 21:41

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市立門脇小の閉校式が22日、教室を間借りしてきた同市立門脇中の体育館であり、児童や卒業生ら約600人が母校との別れを惜しんだ。

 門脇小周辺は震災で大きな被害を受け、児童数が震災前の約3分の1にまで減少。今年4月から同市立石巻小に統合されることが決まっており、1873年の創立から142年の歴史に幕を閉じる。

 代表であいさつした6年尾形凌太君(12)は「震災はつらかったけど、今度は自分たちが人々を守り、支えていこうと強く感じた。ありがとう門脇小、さようなら」と力強く述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.