天気予報を見る
 
新聞購読申込

「鷹の爪団」がネットで選挙啓発/総務省、若者に投票呼び掛け

2015/03/20 17:22

 総務省が始めた選挙啓発キャンペーン画像(総務省ホームページから)
 総務省が始めた選挙啓発キャンペーン画像(総務省ホームページから)

 「選挙はマナーだ!投票してなきゃ、カッコわるいぜ!」。総務省は20日、アニメ「秘密結社 鷹の爪」のキャラクターがインターネットの動画などを通じ、選挙での投票を呼びかけるキャンペーンを始めた。

 昨年12月の衆院選は投票率が52・66%で戦後最低。中でも、20代が最も低かったことを懸念、鷹の爪団の力を借り4月の統一地方選で若年層の投票率アップを狙う。

 動画は「ユーチューブ」で見られる。間抜けな悪の組織、鷹の爪団のキャラクターが、投票が国民の政治参加の大事な機会とアピール。ネットでも選挙運動が行われていることや、期日前投票の手順などをコミカルに説明している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.