天気予報を見る
 
新聞購読申込

Wデーに白いハナゴンドウ公開/和歌山

2015/03/14 15:13

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館で一般公開された2頭の白いハナゴンドウ=14日午前
 和歌山県太地町の町立くじらの博物館で一般公開された2頭の白いハナゴンドウ=14日午前

 和歌山県太地町の町立くじらの博物館は、ホワイトデーの14日、昨年11月に同町沖で捕獲された白いハナゴンドウ2頭を敷地内のいけすで一般公開した。

 ともに雄で、頭の辺りに黒いぶち模様がある1頭は体長2・4メートル、体重180キロ、もう1頭は全身が白色で体長2・6メートル、体重240キロ。「白いイルカ、白いクジラ」と題したパネルも展示している。

 大阪府枚方市の会社員堤本ひとみさん(34)は「かわいい顔をしていました。白いのでよく目立ちますね」と話した。

 同博物館の学芸員稲森大樹さん(30)は「館内には白いバンドウイルカもいる。違いを見てほしい」と話している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.