天気予報を見る
 
新聞購読申込

介助犬の先駆け・シンシア顕彰/JR宝塚駅前に銅像

2015/03/14 13:29

 JR宝塚駅に設置される介助犬「シンシア」の銅像と対面する木村佳友さん=2月19日、兵庫県宝塚市役所
 JR宝塚駅に設置される介助犬「シンシア」の銅像と対面する木村佳友さん=2月19日、兵庫県宝塚市役所

 身体障害者の生活をサポートする介助犬の普及や法整備のきっかけとなった雌のラブラドルレトリバー「シンシア」の銅像が、兵庫県宝塚市のJR宝塚駅改札前に完成した。除幕式が14日開かれた。

 シンシアは宝塚市の会社員木村佳友さん(54)の介助犬を1996年から2005年まで務め、06年3月14日に12歳で死んだ。99年には介助犬として初めて国会を“傍聴”。公共機関や民間施設が介助犬などの同伴受け入れ拒否を禁じる身体障害者補助犬法制定のきっかけをつくった。

 銅像は高さ約80センチ。介助犬であることを示すマントを着て座った姿で、御影石の台に載っている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.