天気予報を見る
 
新聞購読申込

JR北海道の711系車両が引退/「赤電」最後の雄姿

2015/03/13 10:38

 札幌駅に到着したJR北海道の711系電車=13日午前
 札幌駅に到着したJR北海道の711系電車=13日午前

 1968年に当時の国鉄が導入し、車体の色から「赤電」の愛称で親しまれたJR北海道の711系電車が13日、最後の営業運転を終え、引退した。

 最後の列車は、札幌への通勤・通学客を運ぶ6両編成の岩見沢発札幌行き普通で、ほぼ定刻通り到着。札幌駅のホームでは、JR北海道の社員が「さよなら赤電車」と書いた横断幕で出迎え、詰め掛けた鉄道ファンから「ありがとう」「お疲れさま」と声が飛んだ。

 711系は、函館線小樽―滝川の電化完了に合わせてデビューした。引退直前は80年製の8編成24両が朝夕を中心に走り、レトロな赤い車体が鉄道ファンの人気を集めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.