天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災地励ます巨大レリーフ/大友克洋さんが原画

2015/03/12 12:49

 漫画家大友克洋さん(左)が原画を制作し、仙台空港でお披露目された巨大な陶板レリーフ=12日午前
 漫画家大友克洋さん(左)が原画を制作し、仙台空港でお披露目された巨大な陶板レリーフ=12日午前

 東日本大震災の被災地を元気づけようと、宮城県登米市出身で「AKIRA」などの作品で知られる漫画家大友克洋さん(60)が原画を制作した巨大陶板レリーフが12日、仙台空港に設置され、一般にお披露目された。

 縦2・8メートル、横8・7メートルで「金華童子風神雷神ヲ従エテ波濤ヲ越ユルノ図」と名付けた。「童子」が荒波を越えていく力強い構図で、厳しい環境に負けず未来に向かう姿をイメージしたという。

 この日、除幕式に参加した大友さんは「将来、子どもがこれを見て家族と震災があったことを振り返ってもらいたい」と話した。空港1階の国際線到着ロビーに設置されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.