天気予報を見る
 
新聞購読申込

農村の人材育成でシンポ/行政や大学の連携が重要

2015/03/09 20:46

 農村の活性化を担う人材の育成をテーマにしたシンポジウムが9日、東京都内で開かれた。「自治体や大学、NPOの連携が重要だ」として、各地の取り組みが報告された。

 宮城県登米市では、農家を対象に、東北大の協力で、経営を学べる講座を実施。参加しやすいよう授業を夜間や農閑期に開くなど工夫した。同市の渡辺誠ブランド戦略室長は「補助金だけでは農業の体質強化は難しい。地域農業の中核となる担い手を育成したい」と述べた。

 高知大の受田浩之副学長は、4月に開設予定の地域協働学部について説明。「大学が地域に入り、課題解決に取り組む先進モデルにしたい」と意気込んだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.