天気予報を見る
 
新聞購読申込

ソーラー機、世界一周の旅へ出発/アブダビ発、中国など経由

2015/03/09 17:17

 9日、アブダビの空港を出発する「ソーラー・インパルス2」(ロイター=共同)
 9日、アブダビの空港を出発する「ソーラー・インパルス2」(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】太陽エネルギーだけで飛ぶ1人乗りプロペラ飛行機「ソーラー・インパルス2」が9日、世界一周の旅に向け、アラブ首長国連邦の首都アブダビを出発した。成功すれば、人類初の化石燃料を使わない世界一周飛行の快挙となる。

 ソーラー・インパルス2はスイスの団体が開発。両翼の長さが72mで、重さ2・3トン。翼を覆う太陽電池で得た電力でプロペラを回し、夜間飛行も可能。スイス人操縦士2人が交代で操縦する。

 オマーンの首都マスカット、インドやミャンマー、中国の都市を経て太平洋を横断、途中ハワイに立ち寄る。

 現段階で発表されている経由地に日本は含まれていない。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.