天気予報を見る
 
新聞購読申込

熊本電鉄の「青ガエル」1両引退/別車両も来春まで

2015/03/08 22:15

 運行を終えた熊本電鉄の5000形車両=8日夜、熊本市
 運行を終えた熊本電鉄の5000形車両=8日夜、熊本市

 車体の色や形状から「青ガエル」の愛称で鉄道愛好家らに親しまれた熊本電鉄(熊本市)の5000形車両2両のうち1両の廃車が決まり、8日に運行を終えた。残り1両も来春をめどに引退する予定。

 午後8時半ごろ、最後の客を乗せた車両が北熊本駅に入ると、愛好家らが一斉にカメラを構え、運転士は職員から花束を受け取った。福岡県久留米市から訪れた会社員松尾勇壱さん(39)は「引退は寂しい」と感慨深そうだった。

 車体が緑色一色で、正面の形状が下ぶくれ顔に見えることから「青ガエル」と呼ばれ、1950年代から東急電鉄で運行されてきた。引退後は全国の私鉄に譲渡された。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.