天気予報を見る
 
新聞購読申込

東京大空襲70年で集会/伝えたい「命の大切さ」

2015/03/08 18:33

 東京大空襲を「語り継ぐつどい」で、教え子全員を失った体験を語る田近治代さん=8日午後、東京都江東区
 東京大空襲を「語り継ぐつどい」で、教え子全員を失った体験を語る田近治代さん=8日午後、東京都江東区

 10日で70年を迎える東京大空襲を「語り継ぐつどい」が8日、東京都江東区で開かれた。当時18歳の新人教師だった田近治代さん(88)=東京都葛飾区=は、教え子全員を空襲で失った体験を語り、「どれだけ命が大切か。戦争を知らない世代に伝えたい」と訴えた。

 戦時中と同じようなもんぺ姿で登壇した田近さんは、城東区(現在の江東区)の国民学校2年生28人の担任で「防空壕に避難する訓練や、学童疎開の準備をする毎日だった」と振り返った。

 空襲のあった1945年3月10日未明は千葉県市川市の自宅にいた。米軍のB29爆撃機が見え、東京方面の空は瞬く間に真っ赤に染まった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.