天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災山田線、復旧着工/生活の足、三セクで再生へ

2015/03/07 17:35

 JR山田線の復旧工事の着工式で、くわ入れする関係者=7日午後、岩手県宮古市の宮古駅前
 JR山田線の復旧工事の着工式で、くわ入れする関係者=7日午後、岩手県宮古市の宮古駅前

 東日本大震災で被災し約4年間運休が続く岩手県のJR山田線宮古―釜石(55・4キロ)で7日、復旧工事が始まった。JR東日本の素案では、2018年度中にも全線開通する見通し。復旧後の運営は第三セクター・三陸鉄道が引き継ぎ、生活の足や観光振興の要として再生を目指す。

 宮古市の宮古駅前で開かれた着工式に、JR幹部や地元自治体の首長ら約90人が参加。達増拓也知事は「山田線が三陸鉄道とつながることで相乗効果が生まれる。一日も早い復旧に向けて取り組みたい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.