天気予報を見る
 
新聞購読申込

本殿前に「飛梅伝説」の木/道真ゆかりの北野天満宮

2015/03/04 18:54

 北野天満宮の「御神木の梅」(奥)を、クローン技術を使って増殖させた苗木=4日午後、京都市上京区
 北野天満宮の「御神木の梅」(奥)を、クローン技術を使って増殖させた苗木=4日午後、京都市上京区

 学問の神様、菅原道真ゆかりの北野天満宮(京都市上京区)は4日、本殿前にある「御神木の梅」が、太宰府に左遷された道真を慕って京都の屋敷から梅が飛んでいったという「飛梅伝説」の梅の木と同一の種であることが判明したと発表した。

 天満宮によると、御神木の梅は樹高約5メートルの紅梅。住友林業(東京)のクローン技術を使って芽の組織を培養し、苗木を増殖するプロジェクトの一環で調査したところ、推定樹齢300年以上であることが分かった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.