天気予報を見る
 
新聞購読申込

引退後は団体専用列車で活用も/トワイライトの車両

2015/03/03 21:23

 団体専用列車として和歌山県内を走るトワイライトエクスプレス=2014年9月
 団体専用列車として和歌山県内を走るトワイライトエクスプレス=2014年9月

 完全引退に待った―。12日の出発便で引退する豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」(札幌―大阪)の車両が、列車廃止後も、各旅行会社が設定する団体専用臨時列車として活用される可能性があることが3日、JR西日本への取材で分かった。

 トワイライトエクスプレスはJR北海道とJR東日本、JR西が運行しているが、3編成ある車両はJR西が所有。電気機関車や電源車、寝台車、サロンカー、食堂車で構成する。

 JR西によると、製造から40年ほどが経過し老朽化が進んでいるが、しばらくは走行が可能で、JR西管内で活躍させることを検討している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.