天気予報を見る
 
新聞購読申込

男衆が体ぶつけ豊作祈願、新潟/南魚沼の奇祭

2015/03/03 21:21

 「裸押合大祭」で豊作を祈り体をぶつけ合う男衆と、登場した大ローソク=3日夜、新潟県南魚沼市
 「裸押合大祭」で豊作を祈り体をぶつけ合う男衆と、登場した大ローソク=3日夜、新潟県南魚沼市

 さらし姿の男衆が豊作や無病息災を願い、本尊を拝もうと体をぶつけ合う奇祭「裸押合大祭」が3日、新潟県南魚沼市の普光寺毘沙門堂で行われた。

 午後8時前、地元の男衆らが御堂に駆け込み、福をまく意味の「サンヨー、サンヨ」という掛け声とともに体を押し合うと、辺りは湯気と熱気に包まれた。

 祭りは1200年以上前から続き、坂上田村麻呂が御堂で国家安穏を願ったのが起源とされる。男衆が高さ1メートル、重さ30キロほどの大きなろうそくを持って登場することから「大ローソク祭り」とも呼ばれる。

 祭りには地元の青年団や中学生ら約500人が参加した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.