天気予報を見る
 
新聞購読申込

身元情報入れたペンダント発売/印章技術生かしコード刻印

2015/03/01 15:31

 2次元コードを刻印したペンダント(左)と情報を表示したスマートフォンを手にする「日本ワード」の川合貞義社長=三重県四日市市
 2次元コードを刻印したペンダント(左)と情報を表示したスマートフォンを手にする「日本ワード」の川合貞義社長=三重県四日市市

 三重県四日市市の印章メーカー「日本ワード」が、はんこ技術を生かし、持ち主の氏名や血液型などが分かる2次元コードを刻印したペンダントを開発した。「命のタグ」と名付け、1日から販売を始めた。同社の川合貞義社長は「認知症で身元が分からない人の照会や救急対応に役立ててほしい」と話している。

 トップ部分は縦3センチ横2センチ。チェーンも合わせて約8グラムと軽量。

 コードを携帯電話などのカメラで読み取ると、氏名、連絡先、血液型やアレルギーなど13項目の情報を表示する。

 1個1万4千円。写真を彫る場合は1万8千円。問い合わせは同社、電話059(351)1023。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.