天気予報を見る
 
新聞購読申込

4月から児童扶養手当0・3%減/障害・被爆者支給も減額

2014/01/31 18:36

 厚労省は31日、ひとり親家庭向けに支給している「児童扶養手当」など、福祉関連手当の一部を4月から0・3%引き下げると発表。月40〜150円の引き下げになる。2013年平均の消費者物価指数(生鮮食品を含む)が0・4%上がったため、当初予定していた0・7%減額より幅を圧縮した。

 減額されるのは、約108万世帯が受給の児童扶養手当のほか、障害のある子どもを育てる親が対象の「特別児童扶養手当」、被爆者のうち約17万人が受給する「健康管理手当」など。

 児童扶養手当(月額)は、年収130万円未満で子どもが1人いる世帯の場合、120円減って4万1020円になる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.