天気予報を見る
 
新聞購読申込

猫の駅長がチョコで応援、和歌山/「愛を招いてニャ〜」

2014/01/30 18:30

 自分の顔がデザインされたバレンタインシーズン向けのチョコレートをPRする和歌山電鉄のたま駅長=30日、和歌山県紀の川市
 自分の顔がデザインされたバレンタインシーズン向けのチョコレートをPRする和歌山電鉄のたま駅長=30日、和歌山県紀の川市

 「愛を招いてニャ〜」。和歌山電鉄の貴志駅(和歌山県紀の川市)で駅長を務める三毛猫「たま」が30日、自分の顔がデザインされたバレンタインシーズン向けのチョコレートをPRし、恋の実りを応援している。

 4個入りのチョコは「たまスプーン&フォーク」とセットで1600円。2月1日から貴志駅と伊太祈曽駅(和歌山市)で計700セット、インターネットで300セットの販売を始める。

 和歌山電鉄の親会社がある岡山市のデパート高島屋では、29日から4個入りのチョコのみ千箱を先行販売しているが、売れ行きは好評という。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.