天気予報を見る
 
新聞購読申込

四国“新幹線”3月15日に/最高85キロ、外見だけ0系

2014/01/27 16:20

 JR四国が運行する、初代0系新幹線を模した観光列車「鉄道ホビートレイン」(上)と車内のイメージ図
 JR四国が運行する、初代0系新幹線を模した観光列車「鉄道ホビートレイン」(上)と車内のイメージ図

 JR四国(高松市)は27日、団子鼻で知られる初代0系新幹線を模した観光列車「鉄道ホビートレイン」を3月15日から運行すると発表した。宇和島駅(愛媛県)と窪川駅(高知県)を1日5〜7本行き来する。

 JR四国によると、1両編成の鉄道ホビートレインは最高時速85キロ。両駅間を結ぶこれまでの列車とスピードは変わらない。同社が鉄道ファンにアピールしようと企画し、ディーゼル車両のキハ32形を外見だけ新幹線に似せて改造した。

 車内は青色を基調とし、初代0系の座席も一部使用。ショーケースを数カ所に設け、旧国鉄時代の機関車や客車、歴代新幹線の模型を展示する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.