天気予報を見る
 
新聞購読申込

「自助具」って知ってる?/普及へ情報データベース化

2014/01/27 10:18

 「福祉用具プラザ北九州」で開催されているワークショップ=北九州市小倉北区
 「福祉用具プラザ北九州」で開催されているワークショップ=北九州市小倉北区

 高齢化や障害などで体が不自由な人のための生活便利用具「自助具」を広く知ってもらおうと、製品や製作方法を紹介したインターネット上のデータベースづくりが始まった。利用者が自助具を欲しくても製作団体の所在地に偏りがあり、普及が進んでいなかった。市民向けのPR企画も行われ、これらを突破口に普及に拍車が掛かるのではと関係者の期待が高まっている。

 介護・福祉用具の普及啓発を図る公益財団法人「テクノエイド協会」(東京)は自助具の製作団体などと連携し昨年12月から、ホームページ上でデータベースの運用を開始した。簡易筆談帳やバネ箸など約150点を紹介し、順次更新している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.