天気予報を見る
 
新聞購読申込

富士山入山料は千円、任意で徴収/今夏から、山梨と静岡合意

2014/01/22 12:26

 山梨、静岡両県は22日、「富士山世界文化遺産協議会」を静岡県富士宮市で開き、今夏から任意で集める富士山の入山料を千円と決めた。徴収コストを抑えるためインターネットやコンビニでの支払いも目指す。

 入山料の名称は「富士山保全協力金」。徴収期間は夏の登山シーズン(山梨側が7月1日〜9月14日、静岡側が7月10日〜9月10日)で、5合目から山頂を目指す登山者を対象に24時間徴収する。子どもは協力できる範囲の金額とし、千円を超える支払いも受け付ける。

 両県は将来的には条例制定や強制徴収も視野に入れ、必要に応じて徴収制度を見直していく。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.