天気予報を見る
 
新聞購読申込

被災者、シリア難民へ防寒具提供/「恩返し」と釜石市の住民

2014/01/14 18:25

 衣類の入った段ボール箱をトラックに積み込む仮設住宅の住民ら=14日午後、岩手県釜石市
 衣類の入った段ボール箱をトラックに積み込む仮設住宅の住民ら=14日午後、岩手県釜石市

 東日本大震災の緊急支援で集まり、使われなかった防寒具などを内戦が続くシリアの難民に届けようと、岩手県釜石市の仮設住宅で暮らす被災者らが14日、物資の発送作業をした。参加した住民は厳しい寒さに耐える難民を思い「世界から支援してもらった恩返しをしたい」と汗を流した。

 約20人が衣類の入った段ボール箱を種類やサイズ別に分類、800個以上をトラックに積み込み、成田空港へ送り出した。この日は同県陸前高田市、宮城県気仙沼市などからも搬出。衣類はシリアとの国境付近にあるトルコの都市キリスで、難民に提供される。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.