天気予報を見る
 
新聞購読申込

雑煮合戦、「越後もち豚」が優勝/新潟・新発田で開催

2014/01/12 18:12

 新潟県新発田市で開かれた「城下町しばた全国雑煮合戦」=12日午後
 新潟県新発田市で開かれた「城下町しばた全国雑煮合戦」=12日午後

 各地のご当地お雑煮の味を競う「城下町しばた全国雑煮合戦」が12日、新潟県新発田市の施設で開かれた。約2万人の来場者と審査員がコインで投票した結果、越後もち豚を使った地元新発田の団体が優勝を飾った。

 10回目となる今回は、8道県から50の店や団体が出店。北海道はトマトと魚介類、広島はカキ、山形は米沢牛を使用するなど、それぞれが地元ならではの食材を用いた創作雑煮をふるまった。優勝した新発田の団体は昨年に続き二連覇を果たし、表彰式で「征夷大将軍」の称号が与えられた。

 雑煮合戦は町おこしを目的とし、新発田商工会議所青年部が2005年から毎年開催している。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.