天気予報を見る
 
新聞購読申込

桐生祥秀選手が宮城で陸上教室/被災児童と汗流す

2014/01/10 12:25

 陸上男子100メートルで国内2位の記録を持つ桐生祥秀選手(18)=京都・洛南高、滋賀県出身=が10日、宮城県女川町の女川小で開かれた陸上教室に参加した。東日本大震災に遭い、狭い仮設住宅での暮らしやバス通学が続く児童の運動不足を解消しようと、一緒に走って汗を流した。

 桐生選手は終了後、「子どもたちに2020年の東京五輪で活躍する姿を見てほしいと言った。実現できるよう頑張りたい」と決意を語った。

 陸上教室は体育館で開かれ、5年生47人が息を弾ませながら背筋を伸ばしたり、腕を大きく振ったりして走るフォームを習った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.