天気予報を見る
 
新聞購読申込

京都・渡月橋の復旧工事に着手/台風18号被害

2014/01/08 13:12

 復旧工事が始まった、昨年9月の台風18号で被害を受けた京都・嵐山の渡月橋=8日午前
 復旧工事が始まった、昨年9月の台風18号で被害を受けた京都・嵐山の渡月橋=8日午前

 京都市は8日までに、昨年9月の台風18号で被害を受けた京都・嵐山の渡月橋の復旧工事に着手した。早ければ3月中に完了する予定。

 市によると、損傷したのは橋桁を覆う幅約30センチ、高さ約50センチのヒノキ板「桁隠し」や、高さ約7メートルの流木止め、橋の手すりなど。新しい部材との取り換えを行う。近くの渡月小橋と合わせ、工費は計約7千万円。

 工事の2日目となるこの日は、嵐山公園の資材置き場で、作業員らが雨の中、搬入される土のうの置き場所を確認するなどしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.