天気予報を見る
 
新聞購読申込

広島と長崎の高校生、非核会議へ/メキシコで廃絶訴える

2014/01/07 16:40

 メキシコで開かれる核兵器の非人道性に関する国際会議に参加する小柳雅樹さん(左)と小桜智穂さん=7日午後、長崎市役所
 メキシコで開かれる核兵器の非人道性に関する国際会議に参加する小柳雅樹さん(左)と小桜智穂さん=7日午後、長崎市役所

 長崎市の市民団体「高校生平和大使派遣委員会」は7日、2月13〜14日にメキシコで開かれる核兵器の非人道性に関する国際会議に、広島大付属高1年小桜智穂さん(15)=広島市安佐南区=と、活水高1年小柳雅樹さん(15)=長崎市=の2人を派遣すると発表した。

 小桜さんは昨年8月、平和大使としてスイス・ジュネーブの国連欧州本部に核廃絶を求める署名を届けた。「次世代を受け継ぐ若者として、核兵器の恐ろしさを伝えたい」と意気込みを述べた。

 祖父母が被爆者という小柳さんは「原爆投下から今日まで、被爆者に身体的・精神的な影響が続いていることを訴えたい」と語った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.