天気予報を見る
 
新聞購読申込

岩手・大槌町消防団が防火祈願/3年ぶりにラッパの音色

2014/01/05 15:57

 小鎚神社で行われた防火祈願祭で演奏する岩手県大槌町の消防団のラッパ隊=5日午前
 小鎚神社で行われた防火祈願祭で演奏する岩手県大槌町の消防団のラッパ隊=5日午前

 東日本大震災の津波で団員が犠牲になった岩手県大槌町の消防団が5日、同町の小鎚神社で防火祈願祭を開き、全国からの支援で活動を再開した消防団のラッパ隊が3年ぶりに音色を響かせた。

 碇川豊町長らが玉串を奉納したのに続き、ラッパ隊6人が、煙山佳成団長の訓示に合わせて曲を披露した。曲は儀式用の「観閲者に敬礼」。煙山団長は祈願祭の終了後、「ラッパ隊は団員の気持ちを駆り立ててくれた。感動した」と話した。

 ラッパ隊は2009年に結成したが、津波で2人が死亡。15個あったラッパのほとんどを流失した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.