天気予報を見る
 
新聞購読申込

被爆人形、16年に撤去へ/資料館の展示、広島市長

2013/10/31 12:25

 原爆資料館で展示されている、被爆当時の悲惨な状況を再現した人形=広島市中区
 原爆資料館で展示されている、被爆当時の悲惨な状況を再現した人形=広島市中区

 原爆資料館(広島市中区)の全面改修に伴い、被爆当時の悲惨な状況を再現した人形の撤去を広島市が計画している問題で、松井一実市長は31日の記者会見で、「当初計画から考えは変わっていない」と述べ、2016年3月末に展示を終了し、撤去する意向をあらためて示した。

 改修工事は本年度中に始め、18年度に完成する予定で、16年3月末で人形のある本館はいったん閉鎖、人形も撤去する計画。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.